【神戸】厳しい釣果でした。。

Pocket

昨日はカレイとヒラメを求めて神戸のサーフへ行ってきました。

結果はタイトルの通りです( ゚Д゚)!

4月の上旬に行ったときにほぼ同じポイントで40cm弱くらいのカレイが2枚釣れたので、それと同じくらいのものを期待していってきたわけです。(釣果情報も出てましたしね!)

そういうこの日は中潮で14:00~21:00の釣行。到着した瞬間に気づきました。滅茶苦茶海が濁ってる…( ゚Д゚)まじかよ

澄みすぎていても釣れる気はしませんが、限度ってもんがあるでしょうよと思うほどです。。。そうは言ってもしょうがないので、チョイ投げの準備して、ポーーイとキャスト(エサはイソメの房掛け)。まあ、無反応ですわ。

とはいえ、前回カレイ(とキビレ)が釣れた時は夕マヅメくらいの時間帯だったので、日中はそれほど期待せずにルアーを投げて遊んでました。というのもこの日は新たに購入したシーバスロッドの初使用日!(※詳しい個人的インプレは後日記事にします)だったので、とりあえずキャスト感だったり、シャクッった時のロッドの曲がり具合だったりを確かめてました。

しかし、投げても投げても何の反応もありません( ゚Д゚)これはもう海に何もいねえんじゃねえかってくらい無反応です。そんなこんなで日中はキャストの練習(修行)のような時間を過ごしました。。。

暇やなあ、と思って近くをフラフラしてると意外な発見が。。。

ぱぴー「おっ!キビレ死んどるやんけ!写真撮ったろ^-^」

死んだキビレが食われた状態でプカプカ浮いてました(グロ?注意)

日が落ちてからは、近くにいたカップルやファミリーがご帰宅。代わりにおじいさんがジョイン。

おじいさん「こんばんは。横でさせてもらってええかな?」

ぱぴー達「はいー大丈夫ですよー」

おじいさん「ありがとうー。どない?釣れとる?」

ぱぴー達「昼過ぎから来てるんすけど全然アカンっすわー。おじいさんもカレイ狙いですか?」

おじいさん「せやなあ。ここ数年、この辺りじゃ全然釣れてないけどなあ。まあ、ダメ元やな」

ぱぴー達「え?そうなんですか?こないだカレイ2枚釣れたんすけどねえ」

おじいさん「ええ!?そうなん?それはラッキーやなぁ…最近全然釣れへんから海藻(名前忘れた)取って食べてるわ~」

なんて会話をしていたら、ちょこちょこ釣れはじめた感じで、チャリコとアナゴを数匹釣ってました。

そういして待っている内にぱぴーがチョイ投げ放置していた竿がクンッ!クンッ!と曲がっているじゃあありませんか!さっそくアワセを入れてゴリゴリ巻いてくると軽い軽い!いやあ、気のせいかというくらいに軽いわけですが時折、ピクンピクンと引いてくるんですね。ただ、明らかにカレイじゃないんですね~( ゚Д゚)そして、上がってきたのは15cmくらいのチャリコ…(´・ω・`)リリースやね

リリースしようとプライヤーを口に突っ込んで気づく( ゚Д゚)めっちゃ奥まで呑み込んでる!!てか、針じゃなくてラインが切れてもーた( ゚Д゚)!そうこうしてるうちに、

チャリコ「ビクン・・・!ビクン・・・!チーーーーン・・・・・・」

ぱぴー「し、死んでる・・・!い、一体誰が・・・」

友人T「お前や。持って帰れよ」

ぱぴー「はい(´・ω・`)」

皆さんも、針外しの際は気を付けてくださいね。。

ぱぴー達の最終的な釣果はというと、友人含め3人で行って…小アナゴとチャリコ(真鯛の子供)が1匹づつ(´・ω・`)ショッボ

しかもチャリコは先述の通り、針を深く呑み込んでいたため、リリースしようにも息絶えてしまいお持ち帰りすることに。

真鯛といえば「鯛めし、塩焼き、刺身、等」様々な食べ方がありますね。とはいえ今回釣ったのは小さな魚、しかも1匹…こういう時は大抵めんどくさがって刺身にしてます。しかし、小さくても真鯛。味はしっかりしてましたよ!(でも、タイってあんまり好きじゃないんだよなぁ…)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする