【インプレ】ブルーカレント85tz/nano

Pocket

はいどうも、ぱぴーです。

今回はぱぴーがこれまでに購入してきた釣具の中で最も満足しているロッドのインプレをしていきます。

その名も、ブルーカレント85tz/nanoです。

一言でこのロッドを表しますと、なんでもロッドです。
「なんじゃそりゃ」ってなると思いますが、まじでその通りです。

8ft5inchの長さでありながらも、80gという超軽量級のスペックで、ライトゲーム全般を高クオリティで実現できます。
※ロッドのスペックについては公式サイトを確認してみてください。

デザインも黒を貴重にしたシックな作りになっており、無駄のないカッコ良さになっています。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルーカレント 85 TZ/NANO
by カエレバ

ぱぴーがこのロッドでする釣りは以下の通り。

・エギング
・(ライト)ワインド
・メバリング
・アジング
・スーパーライトショアジギング
・シーバスゲーム
・チニング・ガンクロゲーム
・ちょい投げ

あらためて振り返って見るとほんとになんでも使ってますね。
ルアーウェイトが3~21gと幅が広いためなんでも使えちゃうんです。

ブルカレでエギング

公式サイトの中では「エギングもできる」みたいに書かれてますけど、個人的には「高レベルのエギングができる」って感じです。

とはいえ、一応はライトゲームに分類されるロッドなので、3.5号以上のエギサイズは少し苦手かもしれません。

ぱぴーの場合は、メインは3号エギで攻め、3.5号エギを使う場合はスラックジャークでボトムを中心にネチネチ攻めるようにしています。
個人的には3.5号エギをビシバシとしゃくるのは向いてないと思います。

秋イカやキロくらいまでのサイズを狙うのであれば、このロッドで十分に対応できると思います。
逆に3.5号~のエギを使って、春イカのキロアップ~サイズを狙うのであれば、エギングロッドを別に用意するのがオススメです。

ブルカレでワインド

他のブロガーさんもインプレの中で挙げられてますが、ワインドには向いていると思います。
なんといっても軽量性です。このアドバンテージは非常に大きくて、長時間しゃくる釣りには向いています。
強いて言えば、グリップエンドが短いためワインド本来のアクション(脇や二の腕にグリップ部分を当てて、その反発を利用した方法)はできませんので、注意です。

これは余談ですが、ワインドって釣り方必要かな?と思います。
普通にシャッドテールのワームをジグヘッドに刺してやって、タダ巻きするだけで十分釣れるんですよね。タチウオにしてもシーバスにしても。
しゃくってたらやっぱり疲れますし、タダ巻きで釣れるのであればやる意味ないんじゃないかなーと思ってます。
どうしてもやりたいという方であれば、1/2ozくらいのジグヘッドがオススメです。

一方でライトワインド(ボトムワインド)はオススメなんです。
ぱぴーの場合は4g~5gくらいのジグヘッドにシュラッグミノーを付けてチョンチョンとダートさせてます。
日中のライトゲームで、ジグパラスピンテール(3~5g)、ビーバイブ(4g)を試してみて、駄目だった場合に登場するのがこのライトワインドです。
カサゴ(ガシラ)やメバルなど多くの魚種を連れてきてくれますよ!

ブルカレでアジング・メバリング

ハッキリ言ってジグ単はきついです。
できるという方もいらっしゃいますが、個人的には「できなくはない」という印象です。
スペック上は3g~なので、3gジグヘッドならできますが、3gのジグ単でアジング・メバリングする場所なんて限られてますよね。
一般的には1g前後のジグ単で攻めるものですから、釣果には結びつきにくいかと。

先のワインドの項で触れましたが、小さめのスピンテールジグやバイブレーションで攻める分にはもってこいって感じです。
ただし、フロートやキャロを使って攻めるのは向いてます。


1g以下のジグヘッドにペケリングやガルプを付けて、その上にソアレアウトシュート(シマノ)を後付けするのがオススメです。
ロッドの感度がいいので、この仕掛でも掛けていくスタイルで攻めれば十分にアジングメバリングに対応できますよ。

ブルカレでSSJ

チョー楽しい!15g前後のメタルジグがかっ飛んでいきます。
個人的には7g~18gくらいがちょうどいい感じです。
7gのバイスライダー、10gのビースウェイ、13gのIP-13やPB-13、ジグパラマイクロやビッグバッカージグの15g、18gのダイソージグなんかが使いやすいかと。

これまでにこれらのジグを使って、ヒラメ(ソゲ)、エソ、シーバスを釣ってきましたが、まだまだこのブルカレのポテンシャルは活かしきれてないと思います。
他の方のインプレの中には60cmオーバーのサゴシや50cmオーバーのハマチ、ヒラメ、ランカーシーバス、とパワフルな釣り繰り広げられている様子も!
軽量な小型ジグを遠投できる強みは、マイクロベイトパターンで真価を発揮します。
タングステンジグを使えば、SSJの幅は一層広がっていくでしょう。

ブルカレでシーバスゲーム

公式の動画の中でも60cmオーバーのヒラスズキを釣ってますね。
ぱぴーはシーバスにあまり興味がないので、小型青物やヒラメを狙っている時の外道という感じです。
大型のシーバスでもドラグを調整してやれば十分にやりとりできますよ。

ブルカレでチニング・ガンクロ

実はどちらもやったことない釣りです。
チニングに関しては他の方のブログの中で釣ってらっしゃる記事があったので、十分に満足できそうなつくりになっているかと。
ガンクロについてはレングス的に心配なところはありますが、なんとなくできそう。

ブルカレでちょい投げ

ちょい投げなんでね。どのロッドでもできますよ。
大体ミニミニジェット天秤の3号錘でやってます。


普通にヒラメとかチヌとか釣れますよ。
※タモは必須

★まとめ★

ヤマガブランクスのブルーカレントは本当になんでもロッドでした!
ぱぴーがオススメするロッドの中で最も満足度が高く、どれか1本だけロッド選ばなきゃならないってなったら、間違いなくこのロッドを選びます!
そのくらい気に入ってます!みなさんもぜひ買いましょう!w

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルーカレント 85 TZ/NANO
by カエレバ

▼普段のタックルを紹介しておきます。
・ブルーカレント85tz/nano(ヤマガブランクス)
・セオリー2508PE-DH(ダイワ)
・PE0.6号
・フロロカーボンリーダー2.0号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする