【インプレ】電車釣行のすすめ【荷物は?】

Pocket

はいどうも、ぱぴーです。

今回は記事ですが、題して・・・!

電車釣行の荷物って何がいるのか!?

です。

釣りに行くときって何かと荷物が多くなりがちですよね。そうなると車で移動する方が楽ですし、場所によっては車じゃないと行けないようなところもあります。

とはいえ、車を運転するのも面倒な時もあります。また、車が使えない場合もあります(家庭のある方や学生さんなんかですね)。

そんな時に便利なのが電車です。

関西(特に大阪、兵庫)の場合は電車で行ける釣り場は割と多く、そのうえ釣り場近くに餌屋があるというケースも珍しくありません。

電車釣行のススメ

●移動が楽●

スマホをポチポチしてるだけで釣り場に着きます。

●交通費が安い●

これは場所にもよりますけどね。

★荷物が減る★

人によりますが、ぱぴーの場合は大荷物だとしんどいのでギリギリまで荷物を減らしています。

今回の記事では荷物についてフォーカスしていきます!

電車釣行の荷物

これが、ぱぴーが電車釣行する時に持っていく荷物一式です。

ロッド+リール、バッグ、クーラーボックスの3点セット

自分で言うのもなんですが、バサー(バスフィッシングする人のこと)並みの荷物の少なさですね。

釣り場や狙う魚に応じて、ランディングシャフト等が追加されることもありますが、基本はこのセットです。

ロッドとリールも同じく狙いに応じて変えますが、普段は写真のようにロッドベルトにまとめて持っていきます。

最近だとブルーカレント85tz/nanoにセオリー2508のセットで大体の釣りができちゃうんで、そればっかり使ってます。

シマノのクーラーボックス

これはよく使っているクーラーボックス。シマノのレジャークールです。

約6Lと容量としてはやや小さめですが、ライトゲーム中心の場合はこれで事足ります。

使用するタイミングはメバル、アジ、サバ、イカ、タコ、タチウオ等を狙う時。

※タチウオはベルトのように巻いてやれば入りますよ。

シマノのクーラーボックス

中はこんな感じで、玉網を折りたたんで入れて置いたり、保冷剤を入れて置いたりしています。

保冷力は・・・まあ、普通ですね。特に暑い夏場だとそこまで期待してはいけません。

このクーラーボックスのメリットはというと、なんといってもコンパクトで軽いという点。

電車内でも邪魔になりませんし、徒歩移動時も楽々。ランガンには持って来いって感じですね。

秋~冬のシーズンであれば外気温も高くないので保冷力に不安を感じることはありませんし、値段もそこまで高くありません。オススメですよ!

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 小型 5.8L レジャークール7LC-007L 釣り用 オレンジ
by カエレバ

LSDのヒップバッグ

これは愛用のLSD製ヒップバック。一応防水(撥水)機能付き。

ルアー一式

大きなポケットの中身は大体こんな感じ。

エギケースとルアーケース、ガルプワーム、小物入れ、ヘッドライト。餌釣りをするときはタオルとかを入れますし、その他の小物としてはグローブや偏光グラスなんかも入れてます。

※セフィアのエギケースとメイホウのルアーケース(リバーシブル)は水洗いが滅茶苦茶楽なんでオススメですよ。

ワーム一式

これは外側のポケットに入れているワーム。

ジャッカルのぺけリングはアジ、メバルに高い実績あり。ガルプもいいですけど液漏れとか考えると管理が楽な分ペケリングが個人的には好きです。

あとはライトワインド(ボトムワインド)用のワームとして、メジャークラフトのパラワーム、コアマンのミニカリ、バークレイのシュラッグミノーを大体入れてます。

簡易的なものですが止水ファスナー付きのポケットもあり、収納力はいい感じのLSDバッグ。

価格帯としてもそこまで高くないので、こちらもオススメです。

Love Soul Dream ヒップバッグチューンドミディアム 撥水ブラック.
by カエレバ

さて、いかがでしたでしょうか。

釣りっていうと結構、大荷物になっちゃって車じゃないと行けないと思いがちですが、ここまでコンパクトにできますよ。

極論、竿とリールにルアー(仕掛け)さえあれば釣り自体はできるんです。

釣った魚を持って帰るようのクーラーボックスを加えてやれば、ばっちりです。

あとは必要な仕掛け、小物をいかに減らすかです。

創意工夫をして、楽しく釣りをしましょう!車なくても行けますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする