【インプレ】17セオリー2508PE‐DH(ダイワ)

Pocket

はいどうも、ぱぴーです。

ダイワ社から発売されているスピニングリール、セオリーについてまとめていきます!

まずは簡単にスペックから。

■セオリー2508PE-DH

・自重:200グラム

・ギヤ比:5.6(ノーマルギヤ)

・最大ドラグ力:7キロ

・糸巻量(PE):

0.6号 約200m
0.8号 約150m
1.0号 約120m

・ベアリング数:合計8個

・価格:20,000円前後

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 セオリー 2508PE-DH (2500サイズ)
by カエレバ

まあ、なんでしょう。。

オススメできるリールであり、同時にオススメできないリールでもあります(どっちやねん)。

■オススメ理由

まず、かっこいいですね(個人的には)。

ロッド専門の釣具メーカーが作っているロッドって結構な割合で黒基調で作られていると思います。

ぱっと思いつく限りでもエバーグリーン、ヤマガブランクス、オリムピック、夢墨、メジャークラフト、等。

もちろん大手のシマノ、ダイワ、アブガルシアなんかでも黒っぽいロッド多いですよね。

そいう時にリールが黒ベース(セオリーだと黒金)だと、合わせた感じがとってもオサレですね。

※ぱぴーはヤマガのブルカレ85に合わせてます。

オサレ!(写真の撮り方ミビョウだけど…(;^ω^))

次に、軽量です。

ダブルハンドルで200グラムという軽さ。シマノだとセフィアとかストラディックCI4+なんかも大分軽いですが、ダイワの中でもかなりの軽量級です。

巻き感はというと普通です。重いわけでもなく、滅茶苦茶軽いわけでもないです。なので、そんなに不満があるわけでもない。

ダブルハンドルのリールなのでエギングなんかに向いているわけですが、しゃくり(アクション)を多用する釣りの場合、軽さはかなりのアドバンテージになります。疲れにくいということはその分釣りの機会損失を防げますからね(休憩が必要ないという意味で)。

その他の機能について。

よくこのセオリーは「軽さを得るために剛性を犠牲にした」というインプレを見かけます。

ぱぴー個人としてはそこまでデカイ魚をまだ釣ってないので、なんとも言えないですが、まあ、普通にエギングでキロくらいのイカなら十分耐えれるくらいの剛性はありそうです。

50cmくらいのエソとか30cmくらいのソゲ(ヒラメ)なんかは超余裕です。

青物でもハマチくらいなら耐えれるんじゃないかな?

もともとそんなゴツイ魚を釣るために設計されてないでしょうから、ブリとかシイラ釣りたかったら大人しくキャタリナとかツインパワーを使えばいいと思います。

ドラグはどうか?

普通です。いつものダイワのドラグって感じです。

巻き心地はどうか?

普通です。しいて言えばですが、どうやら個体差がかなりあるみたいです。自分のはまあ、アタリってほどでもなく、ハズレってわけでもない。そんな感じです。

でも、巻き心地を求めるならシーバス用のエクスセンスとか、モアザンとか、あるいはツインパワーとかその辺を使ったら幸せになれそう。

トータルでいうと?

リールにそこまでのこだわりがないのなら買いっちゃあ買いって程度。

最低限のスペックは満たしていると思うので、見た目が気に入ったのなら買ってもいいかも。

対抗馬でストラディックCI4+が挙げられますが、向こうは現状ノーマルギアのダブルハンドルないんで純粋な比較はできないです。ただ、ストラディックCI4+はストラディックCI4+でやっぱり剛性の不安はあるんで、どっちもどっちじゃないかな?ストラディックCI4+も個体差が激しそうではあるんで。

逆にハイギヤが欲しいなら、ストラディックCI4+でいいと思います(見た目は実際に見るとそこまでダサくないですよ)。

シマノ (SHIMANO) スピニングリール 16 ストラディック CI4+ 2500HGSDH
by カエレバ

■オススメできない理由

ぶっちゃけ、LT問題っすね。

これからのダイワのリールはLTが主流になっていくと思います。

セオリーは17年モデルなわけですが、18年現在でいうと過去のリールです(ダイワがよくCMで言ってますね)。なので、正直今更感が半端ないです。これなら、LTモデル買った方がよくね?というのが本音。

イグジストをフィッシングショーで触りましたがダイワのリールの進化っぷりに驚きを隠せませんでした。

ほかにも、カルディアなんかも価格を考えると滅茶苦茶コスパいいです。

フリームスは・・・まあ、フリームスって感じですが。(ちょっと巻きが重かったかな)

ダイワ リール 18 カルディア LT2500
by カエレバ

ぱぴー的にダイワのリールの中で今一番オススメできるのがこのカルディアです。

※ダブルハンドルモデルはありません。

LTコンセプトじゃなくてもいい!という方にはセオリーオススメですよ。

ただ、個人的には今年の秋か来年に出るであろう新型ルビアスを待つのが大正解だと思います。もしかしたらですが、モノコックボディ搭載してるかもしれませんしね。もし、そうなったら、ダイワのことを心から見直します。

本当にモノコックボディの性能ってすごいんですよ。

以下はモノコックボディに関する記事。

もともとは車の技術なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする