【どうすれば釣れる?】春イカを求めて【その2】

Pocket

はいどうも、ぱぴーです。

今回は以前に書いた記事の続きということで、まとめていきたいと思います。

前回の記事では「ポイント選び」と「時期選び」について書きました。

はいどうもぱぴーです。 今回は春イカに焦点を当てて記事にしていきたいと思います。 とはいえ、イカ(アオリイカ)を狙ってエギングを...

今回は「タックル選び」について触れていきたいと思います。

■ロッド(竿)

結局のところ、使用するエギのサイズが投げれるエギングロッドであれば、それで必要十分だと思います。

重要な点は、使用可能なエギのサイズ・軽さ・感度・長さといったところでしょうか。

個人的なオススメで言うと、

▼カリスタ86M(ヤマガブランクス)

▼18ヌーボカラマレッティー・プロトタイプ862M(オリムピック)

▼18セフィアエクスチューンS805ML+(シマノ)

あたりになります。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド カリスタ 86M/TZ NANO
by カエレバ

中でもカリスタはオススメで私自身、フィッシングショーで実際に振ってみて「ほしい!」と思いました。よくヤマガブランクスの竿は鞭のようにしなる、曲げて取る、という表現をされますがその通りです。エギングという釣りをする上でこの性能は素晴らしいです。とはいえ上記の場合、4万~5万円くらいしますね。

もう少し価格帯を下げると、

▼17セフィアCI4+S806M(シマノ)

▼15セフィアBBS862ML(シマノ)

▼エヌワン862E(メジャークラフト)

メジャークラフト エギングロッド スピニング N-ONE エギングモデル NSE-862E NSE-862E 釣り竿
by カエレバ

もいいと思います。

特にエヌワンは15,000円くらいの価格帯の中ではかなりコスパがいいと思います。若干自重が重い(832MLで110g前後だったと思います)ですが、そこはうまくバランス設計されており、持ち重り、先重りということがなく非常に使いやすかったです。

※詳細は別記事でインプレを書きたいと思います。

余談になりますが、セフィアSSを省いた理由は「そろそろモデルチェンジされるかなー?」と思っているからです。現行モデルが確か14年発売だった思うので、早ければ今年の秋か来年の春に合わせて発売されるかなと予想しています。

現行モデルは最近のエギングロッドの中だとやや自重が重めに作られており、言葉は悪いですが昔のロッドという印象があります。今、このロッドを買うならもうちょっとがんばってCI4+を購入することをオススメします。

ちなみにシマノ派なのでダイワは省いています。

というより、最近のダイワのロッドってボヨンボヨンというかシャキッとしてないですよね。逆に、昔のシマノは固いロッドという声が多くありましたが、現在はハリがあり同時にしなやかになってきて、使い心地は格段に進化していると思います。湯川さんがシマノにジョインした頃からですかね。最近でいうとディアルーナ(シーバスロッド)もいい感じに仕上がってますね。

結局、ロッドでいうとヤマガブランクス、シマノがオススメです。

■リール

リール選びで重要な点はロッドと同様に軽さというのがまず一点。そして、丈夫さ・トラブルレス・ドラグ性能といったところでしょうか。

個人的なオススメで言うと、もう大体お察しでしょうが・・・

▼16ヴァンキッシュC3000SDH

▼17セフィアCI4+C3000SDH

▼16ストラディックCI4+2500S

▼18イグジストLT2500

といったところです。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 18 イグジスト LT2500
by カエレバ

イグジストはダイワの中でもちょっと別格中の別格ですね。価格帯という問題もありますが、やはりその機能性は非常に高いです。今までのダイワのリールの中でも史上最高というのは言うまでもありません。ぶっちゃけ欲しいです(持ってない)。

正直にいうと、上のリールの中で自分が買える最高価格のものを選ぶのが手っ取り早いと思います。

ちなみに、エギングする上でよく言われるのが、「ハイギア・ノーマルギア」論争、「シングルハンドル・ダブルハンドル」論争ですね。

ぱぴーとしては「どっちでもいい」というのが本音です。自分のスタイルに合った方を選択すればいいだけの話です。大体「こっちが最適解!」というものがあれば、そもそもメーカーはそっちしか作りません。いろんなニーズがあるからこそ、そういったバリエーションを広げているわけですね。

それでも、あえて初心者の方にオススメするのは「シングルハンドル・ノーマルギア」です。ある意味一番オーソドックスなスタイルですね。まずはこの形でやってみて、合わなければ次買い換える際に違う形に変えればいいと思います。

さて、今回は春イカ用タックルとしてロッドとリールの紹介をしました。

ぜひ、参考にしていただければと思います。(参考になるかな?)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする