【和歌山・田辺】ヤエン・エギング釣行

Pocket

はいどうも、ぱぴーです。

今回の記事では和歌山遠征釣行をまとめていきます。

とりあえず、当日の概要から。。。

日付:2018年5月4日

天気:晴れ

潮:中潮

場所:和歌山県田辺市の漁港(堤防)

時間:15時~21時

当日はぱぴーの友人らとともに大阪を車で出発。12時前くらいでしたかね。堺から車で向かいました。

まあ、当然のごとく渋滞です。GW中ですからね。結局、和歌山に着いたのが15時前で、釣具店で餌の活きアジを購入し釣り場に向かいました。

目的地に設定していた釣り場は幸いにもほとんど釣り人がいない状態でした。

GW中ということもあり、混雑を予想していたのですが、これはラッキーです(なんせ6人という大所帯で行ってましたしね)。

ただし、残念なことに潮はかなり濁ってました。2日前まで雨が降ってましたからね。多少の濁りは想定していたのですが、想像以上でした。また、風が非常に強く、この時点で全員のやる気は一気にダウンです。

とはいえ、文句を言ってもしょうがありません。そそくさと準備を開始しました。

まずはヤエンです。

■使用タックル

ロッド:エスランド磯2号530

リール:アオリスタBB C3000HG

ライン:ヤエン用ナイロンライン2号

餌釣り(特にヤエンのような泳がす釣り)は海に投げ入れている時間が長ければ長いほど有利です。

まずはこちらから開始しました。

続いてエギングの準備です。

正直、潮の濁りが酷すぎてアオリイカがいるかどうかすら怪しいと感じてました。まして最近では黒潮の恩恵が得られておらず、海中のコンディションとしてはかなり悪い状態です。とはいえ、水温チェックをしてみるとこの日は19度というなかなかの水温でした。いわゆるワンチャン狙いで「やらないよりはマシ」という感じでスタートです。

■使用タックル

ロッド:ブルーカレント85tz/nano

リール:セオリー2508DH

ライン:PE0.6号 リーダーフロロカーボン2.5号

エギ:3.5号(エギ王、アオリーQ)

普段は日中の間は大体ナチュラルカラーを使用しています。ブルー系やパープル系、グリーン系など。

しかし、この日は散々書いてますが濁りがひどいので、派手目のカラーをチョイス。オレンジ系やグローカラーなどを中心にピックアップ。また、存在感をアピールするためにも3.5号と投げれるサイズの中では大きめのものにしました。

とはいえ、日中は風が強く正直エギングはやりずらくてしょうがなかったです。夕マズメくらいからようや風が落ち着いてきて、エギングがやりやすくなりましたが、今度は気温がガクッと下がったのか非常に寒くなりました。

一緒に来ていた友人たちは釣れないし、寒いし、とやる気をなくしたのか、近くの磯場に遊びに行ってました。帰ってきたらイソメや子ガニなど餌になりそうなものをたくさん捕まえてました(写真の撮り忘れ残念)。気づいたらその餌を使って穴釣りを始めてました。ガシラ(カサゴ)やアナゴなどを釣ってました。

それで気をよくしたのか、一人の友人が、

友人T「ウツボ釣るわ」

と言い出し、ゴッツイ竿を取り出し、ヤエンで死んでしまったアジを餌にぶっこみを始めました。

(まあ、釣れませんでしたけどね)

しかし、一方でナマコを釣っていたりと楽しそうにしてました。

※赤ナマコは禁漁指定されている場合があります。

持ち帰る際は調べてからにしてください。

ちなみにですが、赤ナマコは高級品で大きさにもよりますが5,000円するものもあります。持って帰れる場所・時期なら持って帰ってもいいかもしれませんね^^

さて、話がそれましたが、結局の釣果はというと……まあ、お察しの通りなにも釣れませんでした( ゚Д゚)

いいんです、わかってましたから。。。

しかし覚えてろアオリイカ…地べた這い、泥水をすすってでも和歌山に戻りイカを釣ってやる…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする