【インプレ】エギングロッドとワインドロッドの兼用について

Pocket

はいどうも、ぱぴーです。

今回はエギングロッドとワインドロッドの兼用について個人的な見解をまとめていきたいと思います。

まずはこれまでに使ったことのあるロッドについて振り返ってみます。

■エギングロッド

・エメラルダスMX86M(ダイワ)

・エヌワン832EL(メジャークラフト)

の2つ

■ワインドロッド

・ソルパラ772WM(メジャークラフト)

・2代目クロステージ(メジャークラフト)

の2つ

■ライトゲームロッド(番外編)

・ブルーカレント85TZ/NANO(ヤマガブランクス)

ワインドロッドはワインド釣法という釣り方で、関西ではタチウオを狙う際によく使用されるロッドです。タチウオ以外にもヒラメやシーバス、青物などを釣ることができます。

ワインド釣法は使用するルアーこそ違えど、エギング釣法に類似しており、基本動作が「しゃくる」という点。そして、基本的にはフォールであたりをとるという点です。

このことから、よくワインドロッドはエギングロッド(またはシーバスロッド)と兼用できないかと考えられる方が多いようです。

結論から言うと、ワインドロッドとエギングロッドは兼用できます。

ただし、気を付けていただきたい点があります。

エギングロッドでワインド・・・○

ワインドロッドでエギング・・・△

という点です(ぱぴーの個人的な意見です)。

ぱぴーの場合、ルアー釣りをはじめたきっかけが「タチウオを釣りたい」ということで、ワインド釣法が始まりだったんです。そこで、購入したのがソルパラのワインドロッド(SPS-772MW)です。

ルアー釣り初心者ということから、

・当時販売されているロッドの中では安かった。

・専用ロッドがいいと思った。

・取り回しが楽そうな短いものがいいと思った。

こういった観点がチョイスしました。

買って思ったのが、「重い」ということ。

巻きしゃくりが基本動作となるこのワインドという釣りにおいて、重さはかなりのアドバンテージになります。

結果的にしゃくりもおぼつかず(ロッドのせいだけではないですが)、ルアーもきれいなダートをしてくれないので全然釣れませんでした。

その後、当時のぱぴーは「釣れないのはロッドのせいだ」と言い訳し、2代目クロステージ(CRK-862MW)を購入しました。

ぶっちゃけ竿どうこうじゃありませんが、この竿でタチウオを何本も釣りました。まあ、そこそこ満足のいく竿だったと思います(もう廃版になってますが)。

で、ですよ。

まあ、タチウオ釣りされてる方ならわかっていただけると思いますが、ずっとやってると「疲れる」し、「飽きる」んですよね。

で、シーズン的にもちょうど「アオリイカ」が釣れるもんですから、エギングもやりたくなってくるわけですね~。

ぱぴーももれなく同じ考えに至り、手持ちのクロステージでエギングをやるわけですが、、、まあ~~しんどい。

・やっぱりエギングロッドと比べるとワインドロッドは重いです。

・加えてグリップエンドが長く設計されているのでしゃくりにくいことこの上ないです。

・もっというとティップが固いので、秋イカのサイズだとアワセで身切れも起こります。

という観点からワインドロッドでエギングはオススメできません!

そいうことがあり、ぱぴーは「エギングロッドほしい!」となってエメラルダスMX 86M(旧モデル)を購入しました。

正直、ワインドロッドより軽いんでワインドもしやすかったですね。

でも、旧モデルは自重が割と重く(たしか110g)、先重りがきつかったので肝心のエギングをするにはあまりいいロッドではなかったです(ぱぴー的には)。

とまあ、不満があってエヌワン(NSS-832EL)に乗り換え、現在はヤマガブランクスのブルカレに行き着いてます。

エヌワンもブルカレもエギングとワインドともに高次元のパフォーマンスを出してくれました。どちらの竿もオススメです!

ブルカレ85いいですよ。まじでなんでもロッドって感じです(詳しくは別記事にまとめます)。

■結論

ワインドロッドはワインドしかできないからいらん。

ワインド・エギング兼用できるエギングロッドで十分

※個人的な意見です。

というか、ワインドという釣り方がまず必要ないです。

3Dジグヘッド+パワーシャッドのいわゆる疑似テンヤ釣りで十分タチウオ釣れるんですよ。

もちろん、これじゃなくても似たような商品はいくらでもあるので、それで釣れます。

投げる、タチウオが居そうなタナに合わせる、巻いてくる、釣れる。

めっちゃ楽ですし、簡単です。しゃくらなくていいんで。

キビナゴ・ドジョウのテンヤももちろん釣れるんですが、手返しを考えるとルアータイプがオススメです。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ブルーカレント 85 TZ/NANO
by カエレバ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする