2018年05月一覧

釣果情報に惑わされてはいけない(戒め)

決してとんでもないブリの群れが毎日のように朝~夕回遊して、しかも食い気満々!とか、そういうわけではないんです(当たり前ですが)。 実際は、潮回りが良い日に、ちょっとした群れが、朝とか夕方の一瞬だけ、回遊があってその中の数匹が食い気があったから、ちょこっと釣れる。 こういう認識が正解です。 しかも、連日、これでもかってくらいの大勢の人がひたすらジグを投げ倒してようやく釣れる程度です。

【インプレ】17セオリー2508PE‐DH(ダイワ)

■オススメ理由 まず、かっこいいですね(個人的には)。 ロッド専門の釣具メーカーが作っているロッドって結構な割合で黒基調で作られていると思います。 ぱっと思いつく限りでもエバーグリーン、ヤマガブランクス、オリムピック、夢墨、メジャークラフト、等。 もちろん大手のシマノ、ダイワ、アブガルシアなんかでも黒っぽいロッド多いですよね。 そいう時にリールが黒ベース(セオリーだと黒金)だと、合わせた感じがとってもオサレですね。

【初心者必見】これから釣りを始める方へ

ずばりオススメは夏です。 7月くらいからがちょうどいいです。なぜかといいますと、夏の時期の魚というのはこれまた人間と同じで活動的(?)なる時期だからです。海の中もあたたくなり、魚たちも沿岸部に接近してくるんですね。 特にオススメの釣りが「サビキ釣り」という釣りで、アミエビという小さな海老を餌にしてする海釣りの中では最もメジャーな釣りではないでしょうか。

【和歌山・田辺】ヤエン・エギング釣行

※赤ナマコは禁漁指定されている場合があります。 持ち帰る際は調べてからにしてください。 ちなみにですが、赤ナマコは高級品で大きさにもよりますが5,000円するものもあります。持って帰れる場所・時期なら持って帰ってもいいかもしれませんね^^